FC2ブログ

ドキドキ!プリキュアついに完結

ドキプリ1p
なんで、マナは真琴呼びしなかったんだぁーーー!

といきなし、不満をぶちかましましたが、お疲れ様でした。
これ、ほぼ1年前の最初に描いたドキプリ。

2014 ドキプリfinal あとがき 1p

今回の最終回で描いたもの、そうです。1年前と構図がほとんど一緒です。
どれだけ綺麗になったかと思ったが、全然変わらなかったotz

ドキドキ!プリキュア
スタッフの皆様お疲れさまでした!
プリキュアシリーズ、しっかり見れたものでした。
漫画も、去年は9話から描いたけど今回は
1話から、最終回総てお話を描くことが出来ました。
小説も、長編一個書けるくらい今回は力が入りました。

1年、早かったです、今回はかなりこだわりをもって
見れたんで余計だと思います。
去年のスマプリに比べると、謎を追っていくストーリー展開は
新鮮味があって面白かったです。

全員が優等生ということあって、いきなり敵のたくらみを
暴いちゃったり、追加戦士がスイートでは後半すぎて
いまいちぱっと印象がなかった(小学生姿の時は印象ありますが)
小学生プリキュアが出てその辺は良かったかなと。

最終回はなんでこうなったという結末でした。
岡田さんが活躍もしなかったのに、ちゃっかり共和国の大統領?でしたっけ
になってるし。むしろ、トランプ王国と地球つながったままでいいのか?
真琴は、普通にアイドル続けてるし、アン王女はやっぱり生き残れなかったし
王様はなせか居座っちゃってるし、麗菜とありすは同じ中学だし、
なぜか、レジーナは中学生だし、もう突っ込むところしかない。
でも、イーラの哀愁さは評価したい!あれは今までの重なりがそうさせたんだと
米村さん(スマプリのシリーズ構成さん)良い仕事、ありがとうございました。
米村さんは個人色が強いキャラを生かす話の方が作りやすいんじゃないかな。
カブトもしかり…

続きは個人的な感想です。
必ずしも良い感想ではないので
ご留意してください。
最後だから、いいよね?
まず、ストーリー構成。
今年のプロデューサーの方曰く
少年漫画チックと聞かれていたので、
その辺はかなり描かれていました。
特に強くなりたいという願望。

でも、正直そこまで力を求めすぎるっていうのも…
その力を最後はどんな風に使っていくの?
って感じに思ってしまいました。

最終回も、劇場版と終わりが同じでまぁしょうがないとは思います。
ジコチューは人の心の闇の一部分で、絶やすに絶やせないものですし。
別の意味で言えば「願い」と「欲望」と言えばいいのでしょうか?
人の心に闇(欲望)がある限り、何度でもよみがえる!

マナはそこで何も言い返していませんでしたね。いえ、実際は
言い返していましたが。
でも、最後はその元を断つことはできない。
(誰にだって我が侭な心はあるというくだり)
そこまではいいのに、「あたしは何度でも立ち上がる」
いや、あなたはいいですよ。不屈の主人公ですから。
でもまた1万年周期で復活してその時はどうなるのか…
そこは、人は愛する心があるから絶対に負けたりしない!
みたいに断言してくれればまとまったのかなと。
敢えて、言わせなかったのかもしれませんが。

劇場版もそんな感じに言い返しましたが
マナは常に自分を意識した発言をしているんだな
と自分はそう思っています。

良かったと思うのは、去年がマンネリ幹部で戦っていましたが
幹部が、ビーストモード(笑)や当てつけのようなリ―ヴァさん、グーラさんが
出てきて多様な戦いを繰り広げてこれた事です。
46話だっけ?まだ幹部が2人いた感じでしたが、あれは謎で終わらせてもよかった。
どうせ出ても、すぐに倒される運命ですし。話の残り具合で…

一万年前のプリキュア3人いたような感じだったけど、そんなことはなかったぜ!
エンプレスさん、声あと一回聞きたかった…

結局ジコチュートリオはどんな感じで生まれてきたのか、リーヴァさんらは異世界を
滅ぼしたとか言っていたけど、そもそも異世界からきた存在だったのか
プロトジコチューは宇宙すべてを滅ぼす存在なのに、
キングジコチューの意義は何なのか?いまいち設定が分かりにくいのがネックでした。

トランプ王国に封印されていたのはプロトの方なのか、キングの方なのか…?
この辺も納得できないんですよね…


次に、キャラの魅力
まず、まこぴーこと真琴。
前の記事で語ったもので…
過去が全部重いものばっかで
悲劇のヒロインの印象しかありませんでした。
本編ではおちゃめさと天然さで和らげていましたが
真琴の過去は辛いことしかばっか描写してなくて残念。
アン王女ともっと仲良くしている場面がもっとあればもう少し良かったかなと。
アンと呼ぶことは二度となかった。


六花、やはり後半いまいちぱっとしなかった。
最高の相棒とはなんだったのか…
なぜか夫婦と公式に認定されるというね…
肝心なときにはマナを支えていなかったような…
まぁ、そういうストーリーだからしょうがないような気もするけど
イーラとは決着付けてくれたのが幸いでした。ああいう切なさがある方が
今みた子供がもう少し成長してみれば意味は分かってくれるはず
(また見直す人はほとんどいないけど…)

ありす。
便利屋さんでしたね。本当に…
なんで中学生活を描写しなかったのか?
七ツ星学園とは一体なんだったのか?
本編にもちょくちょく出していればもう少し良かったのに。
マナ達が中学校でやってる間に何やってたのか本当に疑問なキャラでした。
麗奈とは同じ中学だったのだろうか…?
と思ってみましたが、やっぱり同じ中学なんですね。
最後の最後でわかるとは、せめてものサービスですね。
この子がいるだけではちゃめちゃな展開にできたのは事実でしたが。

問題児、マナ。
1話からみて、これは人間じゃねぇ!とおもったけど
31話で完璧に人間離れしていると感じました。
あれだけ打ちのめされて泣いてんのに、頬をばちっと叩いてすぐにケロっと
でき・・・ないよ。自分的には。
感情移入ができにくいキャラでした。

亜久里。
まぁ、追加だから大人の事情も入っていると思うので
しょうがないと思いますが。
最後は引っ張りすぎた感が否めない。
というか、アイちゃんとレジーナもセットっていうのは…
ということは王女のおしめを六花が…
ラビーズも生みだしちゃうとかもうなんでもありだなーとか思いました。

ランスちゃん。
レンゲルさんのようにはぶかれたり、いじられたり
ある意味一番愛されキャラでしたね。好きでした。
48話展開はやりすぎだろ!とか思いましたが
皆に愛されているんだなってわかりました。

あと、マナが主人公すぎて皆がひっぱてくれない展開は
ちょっとなと思いました。去年はみゆきさんが
あまり引っ張れない性格であったので、皆5人で支え合っていって戦う!
というコンセプトがあったのかもしれませんが、スマプリではここが好印象でした。
しかし、ドキプリはマナ万歳!展開が強すぎて、23話の落ち込んでいるマナを誰も励まさない描写はどうかと
(描写してなくて、励ましていたかもしてませんが)
劇場版も、皆がマナを立ち上がらせていたと思いますが、印象に残らない。
むしろ、マロの死から生まれたプシュケーでパワーアップしているところの方が印象に残ってしまった。
ある意味これも凄いですよね。
サバイブ!みたいな…

最終回の展開は良かったというより、マナ万歳主義に投げやりになった
感じとしか思えてないのです。

キーワードに博愛主義とアニメ―ジュで書かれたので調べると
「人種、宗教、風習などの違いを超えて、人間愛に基づいて
全人類が平等に相愛協力すべきであるという考え」
(大事林 第3版の解説より)
でしたが、これはトランプ王国と地球がめでたく愛の手(いわゆるマナ)で広めてくれた
ということでいいのかなー?
その証拠にトランプ「共和国」になって民は民の為の政治を行っていくのでしょう
また、王様が王を引退しているということもそううなずけると思います。
だから、もう王が「民」と「家族」の決断もしなくてもいいと…
(この辺の解釈がおかしいかなという方はぜひ意見をよろしくお願いします)

ジコチュー相手にはこれは響いていないなと思いました。
少なくてもプロトジコチューには。

あと、ベールおじさんは消えても良かったよね。リヴァグラ葬ったんだから
その罪を償うさせる意味でも。
でも、ベールおじさんはギャグもできる人なので、姑息なネズミになってしまったという結果
なんでしょうか…?

総理大臣(笑)が14歳の生徒会長に頼み込むことなどありえないだろ!?
この世界、マナがいなくなったら、崩壊の一途をたどりそうで怖いです。
人工衛星衝突
でカブトボーグを思いだした人は握手しましょう!!




バン○イ様というスポンサーの為に新しい玩具で戦うのはしょうがないですよ。
ラブハートアローから多種多様な必殺技があるのは去年がマンネリだったのですごく嬉しかった。
でもでも、もちっと初期技使ってほしかったな。(劇場版は使われていて嬉しかったです)
最終回で使ってくれて嬉しかった。
ロゼッタくらいでしたもん、バンクなしでロゼッタウォール使っていたの。
スパークルソードは、かませとアシストくらいしか使われてないし
(浄化したのはジョー岡田さんと菜の花畑旅行した回だけ)
そして、ロゼッタバルーンなんかなんでしたっけ状態。酷いなァ…
と思った最後でランスちゃんを持ってくるとはたまげたなぁ。
パッド個人技も、合体浄化技が出ているから、足止め程度の効果しかないのも可哀そうだったし。
もう少し、合体浄化技は遅くて良かったですよね。
48話でちょっと活躍したくらいだったしな、販促が足りないような。

最後に、レジーナ登場は3クールでもよかったですよね?これ…
アイちゃんの教養回は2クールでやって、レジーナ、亜久里を一気に登場させても
よかったのでは・・・
大人の事情が入ったのでしょうね。

と、なんか悪い方向にしか言ってないですが…

マナのひたむきな性格は良かったし、六花のイーラとの回はせつなさを感じられたし、ありすと麗奈の
友情回は展開にびっくりさせられたり、真琴のレジーナに対しての気持ちが変わったことは嬉しかったし、
ダビィの声の使い分けにはびっくりしたし、
亜久里とおばあちゃんとの家族愛は 涙をそそられました。
観ているときは純粋に楽しめましたので、良かったですよ。

ランスが、可愛かったからすべてよし!!
これに尽きます。

ほぼ毎週漫画を描いてきました。
もしも、全部私の漫画を見てくれた方、ありがとうございました。
ドキドキ!プリキュアを一緒に見て、走り続けてくれた方です。

中にはトラウマみたいな暗い話も描きましたが、自分は
絶対に作品の1つにはそんな話を描く人なんで。

あと、なんかのパロディみたいな漫画があるなと思った人。
参考にした作品がありまして
「仮面ライダー龍騎」という特撮作品を参考にして描いた話も多数あります。
知っている方も多いと思いますが。

何個かはそれをモチーフとして描いた話がありますので探してみてください。
龍騎は非常に深いテーマで描かれているヒーロー作品だと言えます。
興味を持った方がいれば、ぜひとも視聴してみてください。
おそらく、衝撃を受けると思います。

次のハピネスチャージプリキュアも描けたら描こうかなと考えています。
また、お付き合いしてくれる奇特な方、ぜひ宜しくお願いします!

いつまでも、胸のキュンキュン止まらないよ!!
スポンサーサイト



web拍手 by FC2

コメント

非公開コメント

プロフィール

parijyan

Author:parijyan




このブログはparijyan(パリジャン)による同人活動告知用及びただの雑談ブログとなっております。サークル『枯草菌』で活動しております!
しばらく、足及び精神的にふさぎ込んで
活動を停止しておりましたが、
C90から再び東方で頑張っております。
2018/7/1三重お疲れ!!
次回は京都イベントかなぁ
右のリンクからCircle.Msにリンク
できます!
ピクシブも一応やっております




最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR